• トップページ
  • 保育方針・園の概要
  • 職員・施設紹介
  • デイリープログラム・年間行事
  • 保育料金・入園にあたって
  • お知らせ

保育方針・園の概要

ご挨拶

石川三育保育園

1973年、石川三育保育園は、セブンスデー・アドベンチスト石川キリスト教会を母体として、様々な保護者のニーズに応えて子育てを支援する目的のために設立されました。
私たちの保育園では、聖書を土台とした三育教育を実践してきました。私たちがこのような保育理念に立っているのは、三育教育の「知育」、「徳育」、「体育」が子供たちの健やかな成長には欠くことのできないものであり、また、この3つのポイントが聖書に基づいて調和したとき子どもたちにとって最も良い教育環境が実現すると確信しているからです。

本園は、聖書の中心テーマである愛に根ざした価値観を子供たちの心に育んでいくことを最大の目標に置き、思いやり溢れた心と社会に奉仕できる健やかな体、自ら思考し、行動し、責任を負い、他者に良い感化をもたらす知能のバランスのとれた成長を目指します。


本園の教育目標

聖書を土台とした愛と奉仕する心を育み、知、徳、体の調和ある成長を目指す。


今求められている人物

世界で最も欠乏しているのは人物である。
それは、売買されない人、
魂の奥底から真実で、正直な人、
罪を罪とよぶのに恐れない人
磁石の針が南北に指示して変わらないように、
良心が義務に忠実な人、
天が落ちかかろうとも
正しいことのために立つ人
・・・そういう人である。

「教育」54ページ エレン・G・ホワイト著
(米国のクリスチャン教育家)


石川三育保育園概要

  • 名称        石川三育保育園
  • 住所        〒904-1106 沖縄県うるま市石川2587
  • TEL/FAX     098-965-2023

    *夜間・休日は副園長の携帯に転送されます
    *FAXは保育園が開園している時にしか送ることはできません。
    *夜間、休日、祝祭日にFAXを送りたい場合は、一度園に電話をして、転送装置を切り替えてもらってから送付して下さい。
  • 園携帯       090-9785-9272
  • 副園長携帯    090-8292-3425
  • 事業開始年月日 昭和48年10月7日
  • 設置者       セブンスデ―・アドベンチスト石川教会
  • 管理者       富浜宗言
  • 当施設は児童福祉法第35条の認可を受けていない保育施設(認可外保育施設)として、
    同法59条の2に基づき都道府県への設置届出を義務付けられた施設です。

    認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書 ※設置届出先:沖縄県(子ども生活福祉部 子育て支援課)

    (TEL:098-866-2174)



提供するサービス

〇開所時間

月~金 AM7:30 ~ PM6:00


〇休日

土・日・祝日、慰霊の日、旧盆、年末年始、年度末準備


〇定員

1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児 合計
定員 18名 26名 26名 26名 19名 115名

※この定員は保育室の面積に対する園児の定員です。職員配置数の関係で実際の園児定員数は変動します。
 詳しくは園児募集欄をご覧ください。


〇内科・歯科検診、保育参観、個人面談、教育講演会


〇菜食料理

子ども達の健康に配慮し、大豆や小麦などの植物性蛋白を使った菜食料理を給食に出しています。
また、おやつも無添加の手作りです。


〇金曜日はお弁当の日

お母さんの愛情のこもったお弁当は子ども達にとって何よりのごちそうです。お弁当をもって屋外にでることもあります。


〇ピアノ教室

月・火曜日 希望者のみ


〇保育従事者の配置

副園長 保育士 看護師 保育従事者 厨房職員 事務職員
1名 4名 1名 5名 1名 1名


〇保育サービス

保育サービス
延長保育 一時保育 夜間保育 送迎 障がい児保育 0歳保育
なし なし なし あり なし なし


〇バスの運行表

送迎バスの時間について
  迎え   帰り
8:00
8:05
8:15
8:17
8:25

8:32
8:50
9:05
園出発
S・Yくん
M・Sくん
I・Cさん
H・Rくん
H・Kくん
T・Yくん
H・Kくん
保育園到着
16:00
16:15

16:30
16:45
16:50
16:55

17:00
17:05
園出発
H・Rくん
H・Kくん
H・Kくん
I・Sくん
I・Rさん
I・Mさん
I・Sさん
I・Sくん
T・Nくん
保育園到着

バスの運行表ダウンロード  /  スクールバス運行許可書


※バスの送迎中の連絡は保育園ではなく、園の携帯へお願いします。


保育園・・・・・・・・・098-965-2023
保育園携帯・・・・・090-9785-9272


送迎バスの運行時間が下記のようになります。バスの時間をご確認の上、ご準備お願い致します。
 尚、お迎えのときの待ち時間は、園児の状況や園児の欠席状況、交通事情、雨天等で時間が5分から10分程度、前後する事もあるかと思いますが、ご理解下さいますようお願い致します。それ以上前後する場合は電話にて連絡いたします。
※ 休園なさる場合や、バスをご利用になさらない日などは、7時40分までに園の方へご連絡下さるようお願い致します。(7時40分以降は園の携帯電話に連絡して下さい。)
※ 乗降がスムーズに出来るよう、出迎えは所定の場所でお待ち下さるようお願い致します。
※ バスを待たせますと、次以降の園児の時間帯が大幅に変わってきますので、時間厳守でお願いします。

〇送迎バスルート


園長便り

先日、モーセ組さんと八重岳に桜見に行ってきました。桜がきれいに咲いていました。園バスの車中では歓声が聞こえます「さくらだ!」と。昼食の時間は普段お部屋でお食事をいただいていますが、この日は広い桜公園で、青空のもと、お食事をいただきました。この日はとても楽しい時間を共に過ごすことができ感謝です。
 今月は、牧師たちのスキルアップのための研修がありました。東京都立川市で行われましたが、久しぶりの都会で戸惑うことがありました。まず、電車に乗る時間を調べませんとラッシュ時間とかち合ってぎゅうぎゅう詰めになります。一旦降りて駅のトイレに行きますと、行列ができています。また、駅を出てバス停に行きますとバスを待っている人の行列がありました。どこに行っても都会では人が大勢います。しかし、お母さんがたの知恵ですかね。幼い子どもを見かけることはありませんでした。
 今回は幼いお子さんの泣き虫とかんしゃく持ちについて考えたいと思います。ご参考にしていただければ幸いです。 泣き虫の子とかんしゃく持ちの子を時より町で見かけますが、ご両親とお子さんにとってはどちらも苦労します。そこで、これらのことを書いた文書が見つかりましたので引用します。
「泣きわめいたり、床をけっとばしたり、のた打ち回って泣くようになれば、これはもうれっきとしたかんしゃくもちです。ここでもやはり、予防は治療より簡単で、方法は比較的に容易です。この本の幼児の訓練に関する項でもとりあげていますが、次に、簡略に述べてみましょう。
(1) 静かで簡素な生活環境と、家族の規則正しい生活パターンを維持していくこと。騒がしい音楽や身の回りの乱雑さを含めて、疲労や騒音は、みんなをおこりっぽくさせます。不規則な食事や間食は、胃の調子はもちろん、気質をも乱します。
(2) 子どもには、家の中をあちこち歩き回るそれなりの自由を与えましょう。しかし、子どもの手の届く範囲に、危険なものはないことを確かめること。この根本的な原則は、両親ともに、始めから、一貫して徹底的に実行してください。
(3) 余分なエネルギーを発散させ、欲求不満を解消するために、戸外で運動する機会をたくさんつくります。
(4) 機転をきかせ、思いやりを示し、いつも子どもの気を上手にそらせて、正面衝突を避けます。
(5) 決して子どもに怒りをぶつけないこと、言葉にも、行為にも、声の調子のなかにも、乱暴に突きとばしたり、けったり、手を上げたりするのも禁物です。
次にかんしゃくを、静める方法をいくつかご紹介しましょう。
(1) 幼児やごく小さい子どもに効果的な方法は、しっかり押さえるようにだき、同時に、静かな声で語りかけるか、耳もとでそっと歌ってあげることです。
(2) より大きな子どもに対しても、交換条件を出すのではなく、気をそらすために、かんしゃくを起こしはじめたら、すぐに子どもをつかまえて、(1)にあげた方法を用いるなら、効果あるでしょう。
(3) さもなければ、できるだけ平静に、そっと無視することです。子どもは、怒りに注目してほしいのですから、手をあげたり、がみがみ叱ったり、親の方で怒ってしまうのはよくありません。
(4) 子どもの気持ちが落ちついてきたら、だいてあげて、『そんな小さなことであんなかんしゃくを起こすなんて、お母さん悲しいわ』と言って、優しく愛を示してあげましょう。もう二度と同じことをくり返さないという気持ちを起こさせてください。知っている子どもが、同じようにかんしゃくを起こしたけれど、後で、もっとよい子どもになったなどという短い話をしてあげるとよいかもしれません。それから、すぐに、何事もなかったかのように、楽しく、活動的なことをやり始めましょう。子どもが好きだとわかっている仕事を一緒にやらせるのもよいでしょう。 (Dr. モーア夫妻の『手づくり家庭教育』108~110ページ)

2020年2月3日
石川三育保育園 園長 富浜宗言


★1月の「園長便り」のダウンロードはコチラ
★「園長便り」バックナンバーはコチラ



▲ページトップへ