• トップページ
  • 保育方針・園の概要
  • 職員・施設紹介
  • デイリープログラム・年間行事
  • 保育料金・入園にあたって
  • お知らせ

保育方針・園の概要

ご挨拶

石川三育保育園

1973年、石川三育保育園は、セブンスデー・アドベンチスト石川キリスト教会を母体として、様々な保護者のニーズに応えて子育てを支援する目的のために設立されました。
私たちの保育園では、聖書を土台とした三育教育を実践してきました。私たちがこのような保育理念に立っているのは、三育教育の「知育」、「徳育」、「体育」が子供たちの健やかな成長には欠くことのできないものであり、また、この3つのポイントが聖書に基づいて調和したとき子どもたちにとって最も良い教育環境が実現すると確信しているからです。

本園は、聖書の中心テーマである愛に根ざした価値観を子供たちの心に育んでいくことを最大の目標に置き、思いやり溢れた心と社会に奉仕できる健やかな体、自ら思考し、行動し、責任を負い、他者に良い感化をもたらす知能のバランスのとれた成長を目指します。


本園の教育目標

聖書を土台とした愛と奉仕する心を育み、知、徳、体の調和ある成長を目指す。


今求められている人物

世界で最も欠乏しているのは人物である。
それは、売買されない人、
魂の奥底から真実で、正直な人、
罪を罪とよぶのに恐れない人
磁石の針が南北に指示して変わらないように、
良心が義務に忠実な人、
天が落ちかかろうとも
正しいことのために立つ人
・・・そういう人である。

「教育」54ページ エレン・G・ホワイト著
(米国のクリスチャン教育家)


石川三育保育園概要

  • 名称        石川三育保育園
  • 住所        〒904-1106 沖縄県うるま市石川2587
  • TEL/FAX     098-965-2023
    *夜間・休日は副園長の携帯に転送されます
  • 園携帯       090-9785-9272
  • 副園長携帯    090-8292-3425
  • 事業開始年月日 昭和48年10月7日
  • 設置者       セブンスデ―・アドベンチスト石川教会
  • 管理者       ミラー ジョエルデビッド
  • 当施設は児童福祉法第35条の認可を受けていない保育施設(認可外保育施設)として、
    同法59条の2に基づき都道府県への設置届出を義務付けられた施設です。

    認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書 ※設置届出先:沖縄県(子ども生活福祉部 子育て支援課)

    (TEL:098-866-2174)



提供するサービス

〇開所時間

月~金 AM7:30 ~ PM6:00


〇休日

土・日・祝日、慰霊の日、旧盆、年末年始、年度末準備


〇定員

1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児 合計
定員 20名 29名 29名 31名 26名 135名

※この定員は保育室の面積に対する園児の定員です。職員配置数の関係で実際の園児定員数は変動します。
 詳しくは園児募集欄をご覧ください。


〇内科・歯科検診、保育参観、個人面談、教育講演会


〇菜食料理

子ども達の健康に配慮し、大豆や小麦などの植物性蛋白を使った菜食料理を給食に出しています。
また、おやつも無添加の手作りです。


〇金曜日はお弁当の日

お母さんの愛情のこもったお弁当は子ども達にとって何よりのごちそうです。お弁当をもって屋外にでることもあります。


〇ピアノ教室

月・火曜日 希望者のみ


〇保育従事者の配置

副園長 保育士 保育従事者 厨房(兼保育従事) 事務(兼厨房)
1名 5名 5名 1名 1名


〇保育サービス

保育サービス
延長保育 一時保育 夜間保育 送迎 障がい児保育 0歳保育
なし なし なし あり なし なし


〇バスの運行表

送迎バスの時間について
  迎え   帰り
7:40
8:00
8:25

8:28

8:32
8:35
8:37


8:52

8:55
9:00
9:05
園出発
K.Iさん
H.Rさん
H.Kさん
M.Kさん
M.Tさん
I.Mさん
T.Yさん
I.Yさん
Y.Rさん
Y.Kさん
S.Cさん
M.Sさん
I.Hさん
I.Mさん
保育園到着
16:00
16:18

16:25
16:28
16:30
16:50

16:55
17:00
園出発
H.Rさん
H.Kさん
I.Mさん
I.Aさん
I.Yさん
I.Hさん
I.Mさん
I.Rさん
保育園到着

バスの運行表ダウンロード  /  スクールバス運行許可書


※バスの送迎中の連絡は保育園ではなく、園の携帯へお願いします。


保育園・・・・・・・・・098-965-2023
保育園携帯・・・・・090-9785-9272


送迎バスの運行時間が下記のようになります。バスの時間をご確認の上、ご準備お願い致します。
 尚、お迎えのときの待ち時間は、園児の状況や園児の欠席状況、交通事情、雨天等で時間が5分から10分程度、前後する事もあるかと思いますが、ご理解下さいますようお願い致します。それ以上前後する場合は電話にて連絡いたします。
※ 休園なさる場合や、バスをご利用になさらない日などは、7時40分までに園の方へご連絡下さるようお願い致します。(7時40分以降は園の携帯電話に連絡して下さい。)
※ 乗降がスムーズに出来るよう、出迎えは所定の場所でお待ち下さるようお願い致します。
※ バスを待たせますと、次以降の園児の時間帯が大幅に変わってきますので、時間厳守でお願いします。

〇送迎バスルート


園長便り

 子どもが悪いことをすると、親は叱ります。これは、もちろんしなければいけない時も多いですが、今日はそのやり方について考えてみたいと思います。
 悪い行動を正す時には、 行動の裏にある感情を理解するとよいかもしれません。タイタニックをも沈めてしまった氷山は、ほぼ全体が水の下に隠れていて、見えるのはほんの一部というのはよく知られていると思います。子供が悪い行動をした時(いうことを聞かなかったり、たたいたり、意地悪な言葉だったり、かんしゃくを起こしたり)、そこにはもっと深い問題が存在することがあります。問題のある行動を修正しただけでは、その問題の根底にあった感情は残ります。氷山の例で考えると、もし天辺にある氷の塊を削ったとしても、すぐに水に埋もれていた部分が浮き上がってくるのと同じです。子供が良くない行動をしたときには、親は叱ったり、おしりをたたいたり(もう現在ではあまりないでしょうか)、大きな声で怒鳴ったり、脅したり(ちゃんとしないと○○するよ。ちゃんとしないと○○をあげないよ)して、その行動をやめさせることがあります。そして、その行動を修正させることに成功することもあります。しかし、根底にある子供の感情を和らげなければ、問題は別の形で出てくる可能性があります。
 A君が母親に対して、態度が悪かったとしましょう。いうことを聞かないので、おしりをたたいたら、直ったとしましょう。いうことを聞くようになります。しかし、後で腹いせに母親の寝室に行き、タンスにあるタイツを全部切ったとしましょう。
 母親は、問題の表面だけを見ていたので、根本的なところでは解決されておらず、A君の解決されなかった感情がもっと悪い形で行動に出てきたのです。どうすればよかったのでしょうか?会話の例を見てみましょう。
   A君「お母さんのバカ!」
   お母さん「どうしたの?怒っているの?」
   A君「お母さんなんて、大嫌い!」
   お母さん「怒っている時って、意地悪なことを言ってしまうよね。」
   A君「お母さんなんて、いなくなればいいのに」
   お母さん「A君が怒るようなことをしたら、お母さんにいてほしくないと感じるんだね」
   A君「お母さんなんて、大嫌い」
   お母さん「本当にムカムカしてるんだね」
   A君「うん。。。」
 お母さんはA君がどのような感情を持っているかを予測し、確認することで、A君は落ち着き、行動だけでなく、問題の本質にたどり着くことができます。そして、この後問題を冷静に話し、解決することができます。ここでカギになるのは、子供の言うに対して、怒ったり、防衛的、批判的になったり、すぐに罰を与えたりしないで、よく聴くということです。よく子供の感じていることを聴くことのできる親になりたいですね。

2018年5月31日
石川三育保育園 園長 ミラー ジョエル


★「6月園長便り」のダウンロードはコチラ
★「園長便り」バックナンバーはコチラ



▲ページトップへ