• トップページ
  • 保育方針・園の概要
  • 職員・施設紹介
  • デイリープログラム・年間行事
  • 保育料金・入園にあたって
  • お知らせ

保育方針・園の概要

ご挨拶

石川三育保育園

1973年、石川三育保育園は、セブンスデー・アドベンチスト石川キリスト教会を母体として、様々な保護者のニーズに応えて子育てを支援する目的のために設立されました。
私たちの保育園では、聖書を土台とした三育教育を実践してきました。私たちがこのような保育理念に立っているのは、三育教育の「知育」、「徳育」、「体育」が子供たちの健やかな成長には欠くことのできないものであり、また、この3つのポイントが聖書に基づいて調和したとき子どもたちにとって最も良い教育環境が実現すると確信しているからです。

本園は、聖書の中心テーマである愛に根ざした価値観を子供たちの心に育んでいくことを最大の目標に置き、思いやり溢れた心と社会に奉仕できる健やかな体、自ら思考し、行動し、責任を負い、他者に良い感化をもたらす知能のバランスのとれた成長を目指します。


本園の教育目標

聖書を土台とした愛と奉仕する心を育み、知、徳、体の調和ある成長を目指す。


今求められている人物

世界で最も欠乏しているのは人物である。
それは、売買されない人、
魂の奥底から真実で、正直な人、
罪を罪とよぶのに恐れない人
磁石の針が南北に指示して変わらないように、
良心が義務に忠実な人、
天が落ちかかろうとも
正しいことのために立つ人
・・・そういう人である。

「教育」54ページ エレン・G・ホワイト著
(米国のクリスチャン教育家)


石川三育保育園概要

  • 名称        石川三育保育園
  • 住所        〒904-1106 沖縄県うるま市石川2587
  • TEL/FAX     098-965-2023

    *夜間・休日は副園長の携帯に転送されます
    *FAXは保育園が開園している時にしか送ることはできません。
    *夜間、休日、祝祭日にFAXを送りたい場合は、一度園に電話をして、転送装置を切り替えてもらってから送付して下さい。
  • 園携帯       090-9785-9272
  • 副園長携帯    090-8292-3425
  • 事業開始年月日 昭和48年10月7日
  • 設置者       セブンスデ―・アドベンチスト石川教会
  • 管理者       ミラー ジョエルデビッド
  • 当施設は児童福祉法第35条の認可を受けていない保育施設(認可外保育施設)として、
    同法59条の2に基づき都道府県への設置届出を義務付けられた施設です。

    認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書 ※設置届出先:沖縄県(子ども生活福祉部 子育て支援課)

    (TEL:098-866-2174)



提供するサービス

〇開所時間

月~金 AM7:30 ~ PM6:00


〇休日

土・日・祝日、慰霊の日、旧盆、年末年始、年度末準備


〇定員

1歳児 2歳児 3歳児 4歳児 5歳児 合計
定員 20名 29名 29名 31名 26名 135名

※この定員は保育室の面積に対する園児の定員です。職員配置数の関係で実際の園児定員数は変動します。
 詳しくは園児募集欄をご覧ください。


〇内科・歯科検診、保育参観、個人面談、教育講演会


〇菜食料理

子ども達の健康に配慮し、大豆や小麦などの植物性蛋白を使った菜食料理を給食に出しています。
また、おやつも無添加の手作りです。


〇金曜日はお弁当の日

お母さんの愛情のこもったお弁当は子ども達にとって何よりのごちそうです。お弁当をもって屋外にでることもあります。


〇ピアノ教室

月・火曜日 希望者のみ


〇保育従事者の配置

副園長 保育士 保育従事者 厨房(兼保育従事) 事務
1名 6名 4名 2名 1名


〇保育サービス

保育サービス
延長保育 一時保育 夜間保育 送迎 障がい児保育 0歳保育
なし なし なし あり なし なし


〇バスの運行表

送迎バスの時間について
  迎え   帰り
7:40
8:00
8:25

8:28

8:32
8:35
8:37
8:52

8:55
9:00

9:05
園出発
K.Iさん
H.Rさん
H.Kさん
M.Kさん
M.Tさん
I.Mさん
T.Yさん
I.Yさん
S.Cさん
S.Tさん
M.Sさん
I.Hさん
I.Mさん
保育園到着
16:00
16:18

16:25
16:28
16:30
16:50

16:55
17:00
園出発
H.Rさん
H.Kさん
I.Mさん
I.Aさん
I.Yさん
I.Hさん
I.Mさん
I.Rさん
保育園到着

バスの運行表ダウンロード  /  スクールバス運行許可書


※バスの送迎中の連絡は保育園ではなく、園の携帯へお願いします。


保育園・・・・・・・・・098-965-2023
保育園携帯・・・・・090-9785-9272


送迎バスの運行時間が下記のようになります。バスの時間をご確認の上、ご準備お願い致します。
 尚、お迎えのときの待ち時間は、園児の状況や園児の欠席状況、交通事情、雨天等で時間が5分から10分程度、前後する事もあるかと思いますが、ご理解下さいますようお願い致します。それ以上前後する場合は電話にて連絡いたします。
※ 休園なさる場合や、バスをご利用になさらない日などは、7時40分までに園の方へご連絡下さるようお願い致します。(7時40分以降は園の携帯電話に連絡して下さい。)
※ 乗降がスムーズに出来るよう、出迎えは所定の場所でお待ち下さるようお願い致します。
※ バスを待たせますと、次以降の園児の時間帯が大幅に変わってきますので、時間厳守でお願いします。

〇送迎バスルート


園長便り

いよいよクリスマスの時期が近づいてまいりました。キリスト教国ではない日本でも、クリスマスはかなり定着してきていますね。ところで、知っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのクリスマスはキリストの誕生日ではなく、誕生をお祝いする日です。実は、実際に誕生した日付は聖書には記録されていません。また、聖書(ルカによる福音書2章8節~)を見てみると、イエス様の誕生の時に羊飼いたちが野宿をしていたと書いてあります。12に月の非常に寒いときに野宿をしていたとは考えにくいので、イエス・キリストが生まれたのは夏か秋ごろだったのではないかと言われています。ある計算では9月ごろだったのではとされています。

また、イエス・キリストと聞くとイエスが名前で、キリストが苗字だと思われるかもしれませんが、「キリスト」というのは苗字ではなく称号で「油注がれた者」という意味でした。ユダヤ文化では、王様などが選ばれる時に、この人は神様に選ばれましたということを示すために頭に油を注いでそのことを表していました。称号というのは例えば、○○先生や、ドクター○○、市議会議員の○○のような感じです。そして、イエスというのは名前ですが、ギリシャ語ではイエスと発音しました。ユダヤ人の言語であったヘブル語ではヨシュアと発音し「神は救いである」という意味でした。ですから、合わせるとイエス・キリストは「油注がれた者、救い主であるイエス」という意味になったのです。当時、「イエス」という名前はどこにでもあるありふれた名前でした。ですから、一般的に他の人と区別をするときには、父親の名前を取って「ヨセフの子イエス」と呼んだり、家の職業を取って「大工の子イエス」と言ったり、出身地の町の名前をとって「ナザレのイエス」と呼ばれたりしました。しかし、このような呼び方はイエスを神の子としてではなく、ただの人としてしか見ていない呼び方でした。

しかし、イエスを信じる人達は彼のことを「イエス・キリスト」と呼びました。先ほど説明したように、「イエスは救い主です」という意味ですので、イエスは神の子である、救い主だと信じます、自分の救い主だということを受け入れます、ということを意味していたのです。

今日は少しクリスマスの主人公であるイエス・キリストについて考えてみました。聖書には、イエス・キリストは神が人となられて地上に来られたと書かれています。自分の弱さや罪に苦しむ人たちを救うために来られました。そして、イエス様は赤ちゃんとして生まれたということは、平和をもたらすお方であることを示しています。赤ちゃんは1人で生きていく力はありませんが、居るだけで周りに幸せをもたらします。イエス様の誕生は私たちに希望と喜び、平和と平安をもたらしたのです。

このクリスマス、ぜひ聖書の神様、イエス・キリストについて考え、学ぶ時間を持っていただければと願っています。皆様のクリスマスが平安であふれたものとなりますように願っています。

2018年11月30日
石川三育保育園 園長 ミラー ジョエル


★「12月園長便り」のダウンロードはコチラ
★「園長便り」バックナンバーはコチラ



▲ページトップへ